人間関係で就職活動に成功しました

わたしは今の会社に就職してから16年がたちます。
製造業に就職したのですがこれまで営業、商品企画、宣伝広報部門と自分なりにいろいろな経験を重ねることもできましたし、それなりの充実感も味わってきました。
まさしく就職活動時にえがいていたイメージをそのまま今は現実にできているといっても過言ではありません。
そんなわたしの就職活動はまさしく人間関係から成功したといえるでしょう。
正直、最初、就職活動をはじめたときは自分自身がどういった業界に進みたいのか、どういった職種につきたいのか見当もつきませんでした。
そんなときいろいろ相談に乗ってくれたのが体育会のOBの先輩諸氏でした。
年齢が近い方々からご高齢の方々まで自分自身の経験やわたしの生活を見ていて何があっているのかをいろいろアドバイスしてくれました。
私自身も厳しいコメントもありましたが客観的に自分自身を評価してもらうことがなかったので非常にためになったと思います。
まさしく自分の20年近い人性を振り返る絶好の機会となりました。
そしてもう一つ、就職活動のきっかけになったことがあります。
それが就職活動の合間に行っていた工場でのアルバイトです。
なかなかクラブ活動との兼ね合いもあって、昼間のアルバイトができなかったのですがこの工場のアルバイトの中で正社員、派遣社員、アルバイトといった様々な職種、そして製造にあたってのいろいろな立場を体験させてもらいました。
一つの商品をお客様に届けるにあたって、人間関係がどれだけ大事かも学ぶことができたわけです。
ですから、クラブ活動のOBの方々、そして製造工場でのアルバイトの人間関係、この経験があってこそ自分自身の希望する業界も決めていくことができました。
今の会社に就職活動を通じて出会うことができたのも前述の2点のおかげだと思っています。
もちろん、就職してからの先輩や後輩との人間関係があったからこそ、今の自分があると思っています。

Copyright 2010 仕事を探そう.com All Rights Reserved.