就職活動の際の志望動機を考える時には

就職活動の際に必要になる事と言えば志望動機です。
履歴書にも記入する欄がありますし、面接の際にも聞かれる事が殆どです。
その志望動機を考える時に私が注意しているポイントがあります。
まずは普遍的な内容になってしまわないように注意しています。
志望動機を考えるのに慣れていない方がやってしまいがちなのが、そのお仕事に対しての魅力や企業に対する魅力をそのまま志望動機にしてしまう方法です。
確かに業務内容や企業に魅力を感じるという事はとても大切ですが、そういったそれぞれが感じた魅力を志望動機にしても印象というのは薄くなってしまいます。
よりしっかりと自分の持っている気持ちを伝える為には、上辺だけの内容にせず、その企業に入ってどういった事をやりたいのかという事やどんな事を実現したいのかという事をしっかりと伝える事が大切だと思います。
実は私も最初は感じた魅力を志望して理由にしていたのですが、それでは駄目という指摘をされ、それからはもっと突っ込んだ内容を挙げるようにしています。
それだけでも採用担当者からの印象というのは確実に変わってくると思います。
また、しっかりと自分の気持ちを伝える為には、応募する企業についてきちんと下調べを行っておくという事も大切になります。
それが所謂企業研究ですが、企業研究が不十分ですと上辺だけの志望動機になってしまいます。
それではしっかりと気持ちを伝える事が難しくなりますので、応募する企業の事をよく知ってから考えてみる事が大切です。
他にも私が気を付けているポイントとして、丸暗記しないという事が挙げられます。
企業に採用される為には必ず面接試験を突破する必要がありますが、その面接試験というのは非常に緊張してしまうものです。
私も人前で話す事が苦手なタイプですので、本当に面接は苦手です。
しかし、だからといって志望動機を丸暗記して伝えてしまうと棒読み状態になり、印象が悪くなってしまいます。
また、緊張すると暗記した事が全て飛んでしまう事にもなりますので、要点だけを頭の中に入れておき、あとは自分の言葉で伝えるようにしています。

Copyright 2010 仕事を探そう.com All Rights Reserved.