就職活動の際にアピールする自分の長所

就職活動をすることになった場合、絶対に必要となるもののひとつが履歴書です。
そしてその履歴書には長所と短所を書く欄がありますので、当然書くことになるのですが、意外と自分の良いところを書くというのはなんとなく気恥ずかしいような気もしてしまい、書きづらかったりという方も多いはずです。
さらに履歴書に記入してあっても、面接ではほとんどの場合その部分を実際に自分の口で言わされることになります。
わたしも経験があるのですが、なんとなくで書いていると実際に聞かれた時に履歴書記載の内容と若干違ったことを答えてしまったりする恐れもありますので、しっかりと自分で自分のことを理解しつつ整理して書くことが必要です。
短所の方は多くの方が簡単に思い浮かぶでしょうが、あまりストレートにいかにも短所だ、というような書き方はしないように注意しなければなりません。
わたしがいつもやる手法なのですが、例えば短気なところがあるとして、ただストレートに短気ですと書くのではなく、短気なところがあるので行動の際にはワンテンポ間を置いて頭で整理してから動くようにしています。
といった具合にフォローの記述を書くようにします。
そしてわたしも長所の部分を書くのが苦手なクチなのですが、わたしはいつも短所の方から転換して見方を変えたものを書くようにしています。
つまり、ほとんどの短所というものは裏返せば長所と見ることもできるということです。
例を挙げると優柔不断だという短所は、裏を返せば物事?T重に考える、ということで十分長所になり得ます。
飽きっぽいという短所も見方を変えれば発想の切り替えが早い、という長所になるのです。
こういった具合でわたしはいつも長所の部分を考えています。
もっともそれらの両方を長所と短所に書いてしまうと、おかしなことになってしまいますので別の事象をそれぞれ書くか、あるいはかなり言い回しを変えて書く必要があります。
ここは就職活動に一番大事なポイントのひとつでもありますので、しっかりアピールしてうまく役立てるようにしたいものです。

Copyright 2010 仕事を探そう.com All Rights Reserved.